暮らしやすさと住みよさを追求した都市型デザイナーズレジデンス

logo_bestway

お気軽にお問い合わせください

☎03-5759-5518

受付 平日10:00〜17:00

img_main_company

Structure

RC造 鉄筋コンクリート造

鉄筋コンクリート造は(Reinforced=鉄筋 Concrete=コンクリート)マンションを建設するにあたって最も一般的な構造です。形態の自由度が高く、複雑な建物形状に対応ができる構造で、気密性、遮音性、耐火性、に優れ、耐久性も高いといえます。
剛性が高いので地震等で揺れにくい特徴があります。

大変優れた構造ですが、弱点として重量が大きい為、強固な地盤が必要で、土地によっては地盤改良や基礎工事の強化に寄り建築費用が高くなる点です。
また気密性が高いため、結露が発生しやすく、断熱処理を施す必要があるためコストがかかる点です。
言い換えれば木造や鉄骨造と比較して、コストは掛かるが劣る点は、ほぼないと言えます。

その他中高層から大規模建物には鉄骨造(S造)をミックスした鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC)を採用する場合もあります。

img_structure_01
鉄筋コンクリート造概念図

ラーメン工法

広く一般的に用いられる工法で、柱と梁を結合して建物を支える工法です。耐震性、耐久性の他、開口部の大きさや間仕切りの位置を自由に設定できデザインの自由度にも優れているのが特徴です。

img_structure_01
ラーメン工法概念図

壁式工法

柱や梁の代わりに壁で建物を支える工法として壁式工法があります。壁の中には柱や梁に相当する量の配筋が施され一般的には5階建て以下の低層から中層建物に用いられる工法です。

img_structure_01
壁式工法概念図

S造 重量鉄骨造

鉄骨造(Steel=鉄骨)とは、鋼構造の柱や梁を組んでつくる構造です。鉄骨の頭文字をとって 「S造」と呼びます。

主に主要構造部の接合部を溶接で接合した「ラーメン工法(重量鉄骨造)」と、筋交いで補強する「ブレース工法(軽量鉄骨造)」があります。

また軽量気泡コンクリートのパネルを鉄骨の骨組みにはめ込んだ工法を「S-ALC造」といいます

それぞれに特徴は、いずれも木材に比べて強度が高く、耐震性能に優れているのが特徴です。

さらに、鉄筋コンクリートに比べると重量が軽い為、長梁を使うことも可能で、柱のスパンを広くとって、本数を減数することができます。 将来の間取り変更を伴うリフォームは行いやすい構造といえます。

しかし弱点としては、鋼材熱に弱い素材であることと、鉄素材の宿命として錆が生じると躯体劣化につながる事があります。 防さび処理や断熱工事や耐火処理を適切に行うことで、快適に利用し続けることができる構造です。

img_structure_01
重量鉄筋造概念図

木造

木の温もりや香り、そして吸湿性もよく日本の建築物には広く使われています。木造住宅といっても工法によって区別があり最近では工法により耐震性も向上しております。高品質で低コストが木造住宅の最も優れた特徴です。

img_structure_01
在来工法概念図

在来工法

一般的には「木造軸組工法」とも呼ばれ、木材を使う工法で古くから伝わる「伝統工法」が寺社などで用いられており、100年以上耐えている木造建築は大半がこの工法で作られています。その伝統方法を承継しており、建物の形状や間取りの自由度が高く、軽量でありながら高い強度があります。通気がよく、床下や屋根裏にスペースを取り風通しが良いのが特徴です。

2×4(ツーバイフォー)工法

北米で生まれた工法で、外力を面で受け止める構造のため、地震や台風などに強く工が簡単で効率がいいのか特徴です。断熱材等が隙間なく使える為、気に津製と断熱性に優れているのが特徴です。輸入住宅など西洋風の住宅に適しております。

img_structure_01
2×4工法概念図

100年の耐久性のある高強度コンクリートを採用

100年コンクリートとは、日本建築学会「建築工事標準仕様書」において「設計基準強度がFc30N/m2であれば構造体の大規模な修繕をしなくても100年はもつ」といわれているものです。ただし100年という数値は理論値でマンションのメンテナンスが100年不要だということではありません。

img_structure_01
外壁構造概念図 
※ 物件の特性により採用コンクリートが変更になる場合があります。

外壁構造

鉄筋を二重に組むダブル配筋を採用。また、外壁の室内側には断熱材を施し、断熱性を高めています。 寸法精度が高いFRP製の型枠を使用することで、在来のベニヤ型枠に比べて工程を簡素化が可能で、工期の短縮とコスト削減を可能にします。

img_structure_01
外壁施工概念図

外壁施工(型枠)

コンクリートを流し込むうえで、寸法精度が高いFRP製の型枠を使用することで、在来のベニヤ型枠に比べて工程を簡素化が可能で、工期の短縮と外見の仕上がりを綺麗になります。

img_structure_01
外壁施工概念図

基礎

杭打ち工法

弊社建物では、鉄筋コンクリート杭を地中深くにある支持層まで貫入して支持しています。これにより通常時には、建物をしっかり支え、地震時には地震に抵抗しうる強度と剛性を確保しています。詳細は物件ごとにお問い合わせください。

img_structure_01
杭打ち工法概念図

直接基礎

「直接基礎」は支持地盤までが浅く、地盤の良い土地で採用します。建物の床下を鉄筋コンクリートで固め、建物を面で支えます。地下深くに杭を打ち込み、建物を点で支える杭基礎とは異なり、建物直下で面的に建物を支える、安定した基礎構造です。

img_structure_01
直接基礎概念図

床構造

上下階の生活騒音を抑制するため、床構造の遮音性に配慮。
スラブ厚約180mmを確保、遮音性に配慮したLL-45等級のフローリング材を採用。

img_structure_01